愛煙家は肩身の狭い思いを覚悟で

日本でも年々喫煙に対して厳しい措置がとられるようになってきました。
しかし、アメリカでは日本以上に喫煙に対して厳しい措置が取られています。

アメリカでは太った人と喫煙者は出世できないと言われています。
これは自己管理ができない=仕事もできない、と判断されるからです。
それくらい喫煙に厳しい視線を向ける国なのです。

当然、公共の屋内でタバコを吸えるスペースは
ほとんどないと考えておきましょう。
また、屋外でも規制がある場所も多くあります。

ホテルの中でもタバコを吸うことができるのは
喫煙フロアのゲストルームだけで、そのほかはすべて禁煙です。
この喫煙できる部屋自体も減少傾向で
中には全室禁煙を打ち出しているホテルも多くあります。
ヘビースモーカーの方はタバコが吸える部屋かどうか
必ず確認することをオススメします。

こんな感じで色々見つかります

エクスペディアのクーポンがザクザク見つかるお宝サイトは こちら 今まで見つけたクーポンの写真