水道水が飲める国一覧。あなたの旅行先は大丈夫?

世界広しといえども、日本と同じように水道水が飲める国は限られていて
何と以下の15か国しかありません。
しかも15か国の中でも、場所によっては飲めない水道水もあるので
実質的にはさらに国の数は減ることになります。

アイスランド
フィンランド
スウェーデン
ドイツ
オーストリア
アイルランド
スロベニア
クロアチア
アラブ首長国連邦
南アフリカ
モザンビーク
レソト
オーストラリア
ニュージーランド
カナダ

意外にも南アフリカ、モザンビーク、レソトといった、
アフリカ南部の国が含まれているのに驚きました、
ただこれらの国は水道設備や管理能力が不十分な場所もあるので、
必ずしもどこでも水道水が飲めるわけではありません。

飲めると言っても、飲んで大丈夫かは人それぞれ


水道水が飲めるレベルにするためには、人口が集中していることが欠かせません。
日本のように国土面積が狭く、人口が集中している国だからこそ
できる技と言ってもいいのかもしれません。

ただ単純に飲めると言っても、日本の水道水とは性質が異なることが多く
飲んでも大丈夫か?と言われると人によるとしか言えません。
日本の水道水は軟水でお腹に負担をかけることはありませんが、
海外の水はミネラル成分などを多く含む硬水になっていることが多いので、
飲むとお腹を壊すケースが多く見られます。

海外では水は無料ではなく有料で飲むものという認識を持ってください。
日本は水道水は無料で飲めることが当たり前なところがありますが、
その考えは海外で通用しないと考えましょう。

こんな感じで色々見つかります

エクスペディアのクーポンがザクザク見つかるお宝サイトは こちら 今まで見つけたクーポンの写真