大自然を楽しもう!一度は行ってみたい日本のジオパークをご紹介

ジオパークは「地球・大地」の「Geo(ギリシャ語)」と
「公園」の「Park」を組み合わせた言葉です。
世界遺産の地質版と考えるとわかりやすいでしょう。
科学的に特別貴重な地質、地形、火山などや
美しい景観を持つ場所がユネスコに認定されています。

世界には41カ国、147地域にユネスコ世界ジオパークがあります。
日本には9つの「世界ジオパーク」があり「日本ジオパーク」も沢山あります。
いずれも豊かな自然、地球の歴史などが感じられる場所です。

ジオパークでは美しい自然を目一杯満喫することができる他
どの大地がどんな成り立ちを持っているかなどを学ぶことができます。
ジオパークを楽しみたいならガイド付きのツアーに参加すると良いでしょう。


世界ジオパークに指定されている日本の地域

・洞爺湖有珠山(北海道)
 約11万円前の巨大噴火でできた洞爺湖と
 約2万年前の火山活動でできた有珠山が指定されています。
 縄文時代の人々の暮らしやアイヌ文化を学ぶことができます。

・アポイ岳(北海道 日高山脈)
 地殻変動で地下深くから現れた「かんらん岩」など
 世界でも珍しい独特の地質と高山植物が魅力のジオパークです。
 標高が低いので初心者でも登山ができます。

・糸魚川(新潟県)
 フォッサマグナを見学できるジオパークです。
 展望台から断層に沿って削られてできた谷の地形を一望することができます。

・隠岐(島根県)
 島根県にある離島で日本海と日本列島形成の歴史を記録した岩石や
 独自の植生などを見学することができます。
 カルデラの地形などを学ぶことができます。

この他にも山陰海岸、室戸島原半島、阿蘇、伊豆半島が
世界ジオパークとして登録されています。

こんな感じで色々見つかります

エクスペディアのクーポンがザクザク見つかるお宝サイトは こちら 今まで見つけたクーポンの写真