海外で着てはいけない服装まとめ

日本にいるときと同じ感覚で海外旅行に行くと、
大失敗することがあります。
例えば、海外でふさわしくない服装をして
現地でヒンシュクを買うというパターンです。

日本にいると街中で服装についてうるさく言われる
なんてことはありません。
しかしその感覚のまま海外旅行に行くのは間違いです。

では、どんな服装がダメなのか


どんな服装がダメなのか見てみましょう。

・英語がプリントされているもの
英語の単語がプリントされているシャツなどは、
できる限り控えたほうがいいでしょう。
プリント文字にスラングなどが含まれていると
相手を怒らせてしまうリスクもあります。

・露出の多い服装
国によっては宗教的なタブーに該当することがあります。
肌を露出するのは、上記以外にも犯罪に巻き込まれるリスクを
自分で高めているようなものなので控えましょう。
場合によっては誘ってるな?と思われることもあります。

・おしゃれすぎる服
あまりにもおしゃれすぎると、観光客だとすぐにわかります。
そうなると、いろんな犯罪の標的にされるリスクが高くなるので
地味目、シンプルを意識した服にしましょう。

・国旗を模したデザイン
特定の国の国旗を模したデザインの服は辞めましょう。
自分がその国の愛国者であることをアピールしている
と捉えられてしまう可能性があります。
主義主張をイメージさせることもあるので、NGです。

・毛皮系の服
毛皮を使った洋服などは避けたほうがいいでしょう。
海外では動物愛護運動が盛んなので、抗議行動を受けてしまう
という問題に発展することがあります。

・スエット上下
ラフで動きやすいスエットですが、海外では外出するときは
着替えるようにしましょう。
ホテルの部屋でスエットになるのは問題ありません。

・サンダル、つっかけ
サンダルを履いたままレストランなどで食事をするのは、
避けましょう。
場合によっては入場を断られることもあります。

どうですか?上記以外にもその場にふさわしくない服は、
基本的にやめておくべきです。
地味目でシンプルなのが無難だと言えるでしょう。

こんな感じで色々見つかります

エクスペディアのクーポンがザクザク見つかるお宝サイトは こちら 今まで見つけたクーポンの写真